ジグヘッドにゴカイは最終手段!?最強に釣れる1つの方法

※本サイトはアフィリエイト広告を使用しています
釣り

ジグヘッド(重りと針が一体化している道具)とワームを使用して釣りをするリグいわゆるジグヘッドリグというリグがライトゲームやバス釣りなどでは一般的に多く使用されています
手軽なリグのシステムの為、手返しも良く簡単にリグ作成を行えるため非常に人気があります

ジグヘッドリグでゴカイを使用すると釣れるのか

ジグヘッドリグは針にワームを刺して使う方法です
ここではワームを刺すのではなくゴカイを使用して釣りを行う方法をご紹介します

ジグヘッドは本来ワームを刺して使用するのですが、ここで生エサであるゴカイを使用すると釣れるかどうかについてですが、結論から言えば釣れます

それどころかめちゃくちゃ釣れます
正直ワームを付けて釣りなんてやってられなくなるくらい釣れます

当然のことながら、生エサや活きエサはワームには勝てません

特にルアーの誘いで魚を誘って、エサで食わすという理想的な釣りの展開を出来ます
ジグヘッドリグは重りと針が一体化しているので、面倒な仕掛けの作成やリグの作成は不要な点は大変評価出来ます

付けるエサは自由度満載!!

ゴカイ以外でも他の活きエサを使用して釣りを楽しむことが出来ます
ゴカイ以外のエサでは例えば、オキアミや小型の甲殻類などを針に付けることが様々な魚を狙うことが出来ます

ジグヘッドなのでもちろんワームを使用することだって出来ます
その時の状況や手持ちのエサ次第で変更できる点も手ごろな理由の一つです
漁港や岩場に生息しているカニやフナムシなどを捕獲してエサにすることでクロダイや根魚を狙うことが出来ます

どんな魚を狙えるか

対象魚はかなり広く、エサとフィールド次第で無限の可能性を秘めています
ここでは漁港で釣れる代表的な魚種をご紹介します!

メバル

ゴカイを使用すると釣れる印象ですがサイズが小さい場合はオキアミを使用すると食いが良いイメージです
ゴカイよりはオキアミに軍配が上がりますがエサ取りが多い場合ではオキアミはすぐに食い尽くされてしまいますし、少し遠投したい場合も針軸から外れてしまいオキアミが投げている途中で外れてしまう場合があります
そういった場合ではゴカイを使用すると少しはマシになります
オキアミは遠投せずに足元周辺や目の前のストラクチャーなどを狙う際に使用すると良いかと思います

カサゴ

カサゴをジグヘッドで釣る場合はワームはもちろんゴカイでも釣れます
カサゴの場合、昼間の日が出ている時はゴカイを使用して、夕まずめ〜夜間にかけてワームを使用すると良い結果になるケースが多いです
ワームもエサ釣りも楽しみたい方には非常におススメな方法です

カサゴのワームの釣り方はこちらでまとめています↓

ハゼ

ハゼといってもたくさんの種類がいますが、主に砂地が混じるフィールドで釣れる傾向があると思います
ハゼはオキアミよりもゴカイを使用した方がよく釣れますし、針から外れにくくおススメです
釣り方としてはボトム付近に一度ジグヘッドを落としてステイさせて、ボトムをズル引きさせるかボトム周辺でリフト&フォールを行う方法で釣ることが出来ます
根がかりが多い所では底に付かないところでリフト&フォールを行うと良い結果になりやすいです

また、夏場では汽水などで釣れることで知られています
近年ではハゼクラなどというルアーで釣る方法が流行っている(?)ようですが、ハゼもワームでもエサでも釣れます
初めてワームにハゼが飛びついてきた時は少し驚きましたが(あまりにもサイズが小さかったため)最近ではパワーイソメなどの限りなくエサに近いワームが出現したことにより小型サイズも対象になってきているのかと思います

クロダイ

防波堤の王様といっても過言ではない人気のクロダイ
それ故に釣ることが難しく、掛けたとしても強烈な引きで釣り人を楽しませてくれます

そんなクロダイですが、ジグヘッドでも狙うことが出来ます
クロダイを狙う場合はゴカイよりはカニやフナムシを使用するのが良いと思いますがもちろんゴカイでも狙うことが出来ます
釣り方としては落とし込みのような釣り方で釣ると反応を得やすいですが、非常に奥が深い釣りです

ベラ

防波堤の釣りでは外道として結構嫌われている傾向にあるようですが、ジグヘッドで狙うことが出来ます
もしかしたら狙うというよりは釣れてしまった場合の方が多いのかなと思います
専門で狙うのであればゴカイを使用するのがおススメです
ワームでは釣れたことがないのでワームでは釣れにくい傾向にあるようです

あまりにも釣れてしまうので面白さが半減してしまう?

私個人としては面白さが半減してしまうと感じたことはありませんが、一部の方では面白さが半減してしまうといった意見が出ています
確かに釣りの難易度が上がるワームをわざわざ使用して釣りをしているのに、エサを使用してしまっては少し趣旨が異なってくるような気がするので面白さが半減するという意見も分からなくはないですが、やっぱり釣れると楽しいですね

釣れだすと面白さが半減するっていう感じはしませんが、入れ食い状態が半日続くと飽きてくるかもしれませんがそれはそれで楽しめますね
このことからジグヘッドにエサを付けるのは邪道な釣り方だと改めて感じます

おススメのジグヘッドは?

おススメのジグヘッドは大量に入っているジグヘッドがおススメです
もちろんアジング用やメバリング用でも良いのですがあまりにもデザインがこだわり過ぎていると値段が上昇していくばかりになるのでなるべく安くて大量に入っている製品をおススメします

他にも虫ヘッドというこの釣り方専用の釣り具も販売されていますが、そこまで大差があるとは感じません
気になる方は一度手に取ってみても良いかもしれません

私のおススメしたいジグヘッドはバリューパックの30個入りです
なんとケースも付いてきます

代用品

コスパを考えるのであれば糸付きのチヌ針などで代用可能です
むしろこっちの方がコスパは良いです
さらにガン玉でウエイトを調整できるので狙いたい層にも届けることが出来ます

糸を結ぶ必要はあるのでスナップを使用してワンタッチで交換できるジグヘッドと比較して気持ち手返しが悪くなりそうですが結ぶのに慣れている方であればそこまで大差はありません

 エサや工夫次第で色々狙える

エサの付け方やエサを変えてあげることで様々な魚種を狙うことが出来ます
釣具屋さんでエサを購入していくのも良いですし現地でエサを採取して釣りを行うのも良いと思います

また、エサの付け方も工夫するとより良い釣果が得やすいです
例えばすぐにオキアミなどが取れてしまう場合はエサを変えるか付け方を変えてみると使いやすく手返しが良く釣りが出来るようになります

是非皆さんも色々な魚種を狙ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました