遺伝的浮動(Genetic drift)とは?難しい用語を分かりやすく解説

※本サイトはアフィリエイト広告を使用しています
生物学トピックス

分子生物学の考え方や用語って複雑で難しいことが多いですよね
特に生態学的な側面と絡んでくるとさらに理解が困難になる場合がありますよね

遺伝的浮動は、特定の環境下で生存や繁殖に有利な遺伝子を選択する自然選択や突然変異とは異なり、小規模な集団内で遺伝子の頻度が無作為に変動する現象のことです
このプロセスは、特に小規模集団において顕著であり、遺伝的多様性の低下に繋がることがあります

遺伝的浮動のメカニズム

遺伝的浮動は以下のステップを通じて発生すると考えられています

  • 無作為な繁殖: 個体によっては偶然にも他の個体より多くの子孫を残すことがあり、その結果、次世代においてその遺伝子がより一般的になります。
  • 集団サイズ: 小規模な集団では、遺伝子頻度が大きく変動しやすく、無作為な効果がより大きな影響を及ぼします。

Sponsored Link

遺伝的浮動の例

  • ボトルネック効果: 大規模な災害により集団の大部分が死滅し、わずかなグループのみが集団を再建する場合、遺伝的多様性が大幅に減少します。
  • 創始者効果: 小規模な個体群が新しい地域に移動し、新たな集団を確立する際、この小さなグループは元の集団の遺伝的多様性を完全に反映していません。

遺伝的浮動の影響

遺伝的浮動は、絶滅危惧種や断片化された生息地の小規模集団において、遺伝的多様性の減少や適応能力の低下に繋がる可能性があります。したがって、遺伝的浮動は種の進化に影響を与える重要な要因です

タイトルとURLをコピーしました