ルアーのカラーについて

釣り

魚の視力はどのくらい見えて、色はどの程度把握できているのかとても気になりませんか?

こんにちは!寝魚です
先日釣具屋さんに行った際に餌釣りのコーナーよりもルアー釣りのコーナーの方がデカいので思わず「餌は不要の時代に突入したんだなー」と感じてしまいました
今や様々な魚種をルアーで狙うことが出来るわけですが、当然ながら売り場が広くなったということは道具が増えたということになります

そこで皆さんがルアー選びで迷われるのはカラーでしょうか?それとも実績や信頼のあるメーカーでしょうか?
筆者の私はルアーコレクター?でもあるためルアーは芸術作品であるとも思っています
しかし、いざ釣りをする際は我々釣り人の分身でありとても重要な道具です
そこで今回はルアーのカラーについてご紹介します

カラーについて

 

ルアーのカラーは大きく分けると3タイプ存在していると私は考えています。

1.お魚君もビックリ!カラー

2.自然界に泳いでいても分からないほど超リアルカラー

3.フィールドの水質に溶け込むカラー

だいたい大きく分けると

この3タイプにわけられると思います。
この中からフィールドやベイト、水質、天候などを考慮してカラーを選んでいます

実際に釣果に差があるでしょうか?

結論から言えば私は差があると考えています。
側線等の感覚器官だけで餌を探しているようでは、魚の目が必要ないのではないかと考えています、またルアーのカラーを変えたところ今まで釣れていた魚がパタッと釣れなくなってしまう経験から差があるのではないかと筆者は考えています。
魚の側線という器官は水中の波動や振動などを捉える器官ですが、もちろん色は見えていません。
このような点からある程度の色は見えているのではないかと考えています。

それぞれカラーのタイプについて

それでは、それぞれのカラーのタイプについてご紹介します!

お魚君もビックリ!カラー

お魚君もビックリ!カラーとして
赤色であったり、オレンジ色等の派手目なカラーなどがあります
このようなカラーは濁りがキツイときや派手な色を使って遠くから集魚できるカラーとして使用しています。

出典:楽天市場

超リアルカラー

超リアルカラーは何か特定のベイトをイミテーションしているものがこれにあたると思います
このようなカラーは水質がクリアな時やここぞの一発といった場面で使用しています
私は緊張感のある場面やどうしようもない時の最後の切り札的な存在で使用する場面もあります

出典:楽天市場

フィールドの水質に溶け込むカラー

水質に溶け込むカラーはクリア系であったり、黒色系などがあると思います。
このようなカラーは色として魚にアプローチするよりは波動中心でアプローチする際に使用しています
また、クリア系はルアーのシルエットを小さく見せることも可能で何かの稚魚?に置き換えることも可能ではないかと考えています
小型のベイトを発見した場合はクリア系のルアーをじっくり漂わせるように使用しています

出典:楽天市場

まとめ

様々なカラーを駆使することによって今までとれなかった魚がとれるようになることは多々あります。
また、ルアーのカラーについては地域や魚種によって好き嫌いが出る場合もあるので釣行前にフィールドの情報や雰囲気をある程度下調べするとよりカラーは絞りやすくなります
まずは、そのルアーを信じて投げることが一番重要になるので自分の納得・信頼できるルアーカラーを探しましょう!
今回はルアーのカラーについて紹介しました。それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました