流れのない川でのシーバス攻略法

釣り

河川でのシーバスゲームを一度経験してしまうともう一匹取りたいと欲が出て気が付くと沼にハマっている方が多いのではないでしょうか?
という私も沼にハマっている一人
河川というフィールドであんなにもかっこよくて美しい魚はなかなかいませんよね

そんな河川のシーバスは水の流れやストラクチャーなどが重要な要素となっておりそれらが絡んでくることによって良い釣果が上がりやすいのは確かですが実際にそのような都合の良いフィールドはまれです

とても良さそうなポイントは既に先行者などに叩かれているケースも多いのが実情で近年シーバスゲームを好むアングラー増えてきているような感覚を覚えます
そこで今回は流れのない川でのシーバスの攻略法についてご紹介します

流れは重要

もうご存じの方も多いと思うので知っている方は読み飛ばして頂いて構いません
シーバスゲームにおいて流れは重要です
流れがあるかないか・流れが変化してるポイントというのはシーバスゲームを行う上でポイントになってくるので必ず釣り場では流れを意識して欲しいと思います

よく見る流れの変化が起きている場所として橋脚に強い流れが当たって早い流れが緩くなったりしているポイントや自然の構造物としては大きな岩などによって流れが淀んでいることがあります

他にも速い流れと遅い流れがぶつかりあって波立っているポイントや目では見えない海中の流れの変化などが挙げられます

そういったポイントではシーバスが付きやすいポイントになっているので外せない

Sponsored Link

では流れの無い川のポイントの攻略法は?

それでは問題の流れが無い川でのポイントの攻略方法についてだ
シーバスは様々なポイントや各地域によって釣り方や釣れる場所・時間帯など様々な要因が複雑に絡み合うことによってようやく我々の前に姿を現してくれる

そこで流れの無い川で重要になってくるのが潮の満ち引きだ
流れの無い河川において潮汐関係はかなり気を使って釣りをするべきである

常日頃から流れている河川では目に見える形で存在しており他のアングラーも狙ってくるポイントである
そういった事情から普段流れが無い河川こそ狙い目である
川であればほぼ必ず潮の満ち引きによる水の流れとして下流や河口域では少なからず影響を受ける

つまり河川の流れがないところではこのメリハリが重要である

流れが無いからこそチャンス?

「ピンチはチャンス」という言葉が示しているように全く流れの無いいわゆる止水域では潮汐による影響でチャンスになる可能性が高い
具体的に上げが良いのか下げが良いのかはそれぞれのフィールドによる

それでも私が経験してきたフィールドでは主に2つのパターンに分かれることが多い

  1. 「河川の緩やかな流れ」+「潮汐の下げ」による激流パターン
  2. 「河川の止水域」+「潮汐の上げ」による水が動き出すパターン

これらのパターンが多く、理想的な展開としては河川の緩やかな流れが潮汐の下げと重なり激流になるパターンが見逃せないです
このパターンは河川内で泳ぎの下手な稚魚やハゼ科魚類などが激流で流されたところにシーバスが捕食しているパターンが多く、シーバスは出入口で待ち伏せしていることが多いです

スポンサーリンク

汚いどぶ川や都市河川でもチャンスはあるのか?

こういった止水域の川は都市の河川に多い印象です
都市河川と言えば生活排水やらゴミやらで非常に汚い印象ですし止水域のため底がヘドロになって硫化水素のような匂いが鼻を刺すフィールドが多いですが、そういったフィールドをよく観察してみると驚くほど様々な生物がしのぎを削って生活しています

よく見かける生き物としてカニやゴカイ、小さなハゼなども見かけます
そういった生き物たちがいるということは必然的にシーバスもエサを求めてやってきます

都市河川では釣り人は少なく、工業地帯のため港湾に出てもおかっぱりから釣りが出来るポイントは少ないためある種の禁漁区のような状態になっているケースが多いです

そのためちょっとした都市河川が大きな穴場スポットになることがあります
もちろんお世辞にも綺麗とは言えないので覚悟して釣りする必要があります

川の中流域では?

川の中流域で止水のポイントは原則避けるべきです
しかし、例外的に水門や堰などがある場合は攻めるべきです
他にも目では見えていないだけで実は水中は流れているケースや雨によって川が動いている時
これらはすべてルアーを通してみる価値があります

ここぞのチャンスの場面では自信を持って投げれるルアーが必要です
絶対の自信を誇れるルアーを探してみませんか?


水門

水門などは開いているときが特に有効ですが、ちょろちょろと水がこぼれているだけの時も狙ってみる価値があります
止水域では細かなちょっとしたことがポイントになることがあります
狙う際は表層から徐々にレンジを落として探るようにしてみてください

水中が流れているパターン

感覚的に目で見て分かる方なら良いのですが、まだ慣れていな方は軽めのミノーを投げて少し潜らせてゆっくり巻いてくるとラインの流れるスピードが分かるはずです
巻いていてラインが突然軽くなったり重くなったりするポイントを発見することが肝でそういったポイントを発見出来ればそこの流れのラインを重点的に攻めてみましょう

雨で流れている場合についてはこちらで紹介しています

まとめ

シーバスは流れが重要なのは間違いないので流れが無いポイントではちょっとしたポイントやきっかけでスイッチが入ります
フィールドのちょっとした変化やベイトの選定を考えて対策してみると案外良い釣果に恵まれることがありますよ

皆さんも粘り強くそのフィールドの特性を理解してシーバスを狙ってみてください
それではまた。


タイトルとURLをコピーしました