【月曜から夜更かしで紹介された】脳食い虫とは?蚊柱は何している?

※本サイトはアフィリエイト広告を使用しています
生物学トピックス

2024年2/12に放送された「月曜から夜更かし」で紹介された奇妙な呼び名の脳食い虫とは何かについて解説します

番組内では

番組内では全国のご当地を調査した件内で日本全国蚊柱を何と呼ぶかというところで様々な紹介がありました
その中でそれぞれの地域間で呼び名が違うという大変興味深い結果が出てきます

Sponsored Link

脳食い虫とは

それでは肝心の脳食い虫とはなんでしょうか?
どうやら「脳食い虫」とは福岡県で使われている単語だそうです
この脳食い虫というのは蚊柱であるユスリカの呼び名だそうです

この蚊柱であるユスリカの全国それぞれ呼び名があるようで、
関東では「頭虫」
滋賀県では「びわこ虫」
長野県では「ヘッドブンブン」
大阪府では「キャサリン」
そして、福岡県では「脳食い虫」と呼ばれているそうです

夏の夕暮れ時に自転車や走っていると顔に纏わりついてくる細かい虫です

一見すると嫌われるが

名前からして全国的に明らかに嫌われていそうな名前を付けられていますが、ユスリカが河川近くでたくさん飛び回っているのは生態系を考えるとそこまで悪いことではないのかもしれません
たくさんの昆虫が河川や水路近くの水面を飛び回っているということはそれを食べる捕食者がいます

例えばオイカワというお魚が日本の河川には生息しています
これらの魚類はユスリカなどの小さな昆虫類を捕食するため河川においての生態系では悪いことではありません

しかしながら、気持ち悪いや見栄えが悪いという理由で駆逐されているのも事実です
最も世間の意見が反映されているなと感じるのはGoogleで検索を掛けた時に一番上に出てくるのは殺虫剤の広告などが出てきているため印象が悪いんだろうなと改めて感じました

スポンサーリンク

彼らも必死なんです

蚊柱は非常に気持ち悪いと感じる方も多いと思いますが彼らも必死で生きています

ユスリカの蚊柱は、主に雄のユスリカで構成されており、羽音を鳴らして雌を呼び寄せる出逢いの場となっています
雌は蚊柱に飛び込み、交尾後には球状や紐状の卵塊を水中に産み落とします
卵から成虫になるまでの過程は、幼虫と蛹を経て数日で完了し、成虫の寿命も非常に短いです
セスジユスリカやオオユスリカなど種類によって産む卵の数も異なります
蚊柱が一見うっとうしい存在かもしれませんが、ユスリカにとっては生命を繋ぐための重要な役割を果たしています
しかしながら、ユスリカには人間にとって無害とは言い切れない側面もあるので生態系を守っていくという面でも今後の課題になってくるかと思います

是非皆さんもこれを機に少しでも生き物に関心をもっていただけたらと思います。

外出先でネットを使用しているとギガが足りないと感じたことはありませんか?
また、外出先でPCなどを使用してネットを使用する方であれば外出先でWi-Fiがなくて困っていることはありませんか?
毎月月末になると通信速度が遅くなり困っている方や月々の携帯料金が高いと感じている方に朗報です!
ポケットWi-Fiを持つにしても手続きや申し込みが面倒であったり複雑であると申し込む気がなくなりますがカシモWiMAXでは簡単に申し込み手続きが完了します

外出先でも使えるWi-Fiでお困りの方におススメしたいのがカシモWiMAXです!
カシモWiMAXは価格が安いのはもちろん安心の24時間電話受付の充実サービスで安心してお申し込みいただくことが出来ます

さらに工事不要でネット回線をご自宅に繋ぐことが出来ます
難しい操作は必要なく届いたらSIMカードを差し込むだけで即日容量無制限でインターネットの利用が可能です

さらに詳しく確認したい方は業界最安級!月額1,280円〜ギガ放題が利用できるカシモWiMAXを是非チェックしてみてください!


タイトルとURLをコピーしました