【2025年大阪万博】目玉展示!「生きる心臓モデル」の仕組みはiPS細胞?分かりやすく解説

※本サイトはアフィリエイト広告を使用しています
生物学トピックス

2025年に日本で開催される大阪・関西万博には、多くの目新しい技術と展示が登場します
その中でも特に注目されているのが、人工多能性幹細胞(iPS細胞)技術を用いて作られた「生きる心臓モデル」です
この革新的な展示は、再生医療の可能性を示し、私たちの健康と科学の未来に対する理解を深めることを目的としています

iPS細胞技術とは?

突然iPS細胞と言われても「?」となってしまうので
まずはiPS細胞技術について簡単に説明しましょう
iPS細胞とは、「人工多能性幹細胞」のことで、成人の皮膚や血液などから取り出した細胞を特定の条件下で培養することで、あらゆる種類の細胞に変化する能力を持つ細胞に「再プログラム」する技術です
この技術により、患者自身の細胞から作成した組織や臓器を用いて、拒絶反応のリスクなしに治療を行うことが期待されています

Sponsored Link

「生きる心臓モデル」の展示

大阪大学名誉教授で心臓血管外科医の澤芳樹氏によって開発されたこの「生きる心臓モデル」は、約50万個のiPS細胞から作製された心筋細胞をシート状にして作られています
この心筋シートは、赤い培養液が入ったシャーレの中で、生きているかのように拍動しています
この模型は、人間の心臓のメカニズムを視覚化し、生命の尊さを感じてもらうことを目的としています

心臓って色々な所で模型や図を見る機会がありますがなかなか立体のリアルな形で見れる機会はありませんよね

そもそも万博の開催意図とは?

万博(世界博覧会)は、国際交流と文化、科学技術、経済、社会などの進歩を促進するために開催される大規模な国際的イベントです
その開催意図は時代や開催地によって多少異なるものの、以下のような目的があるといわれています

  1. 国際理解の促進:異なる国や文化間の理解を深め、国際社会の連帯感を高めることが目的です
    万博は、様々な国が自国の文化、技術、成果を展示し、他国との交流を図るプラットフォームの役割を果たす目的があるそうです
  2. 科学技術の進歩の展示:最新の科学技術やイノベーションを展示する場として、技術の進歩とその社会への応用を促進します
    過去には、電話、テレビ、電球など、今日私たちの生活に不可欠な技術が万博で初めて紹介されていました
  3. 経済発展の促進:開催国や参加国にとって、経済発展を促進する機会を提供します
    観光促進、外国直接投資の誘致、新しいビジネスチャンスの創出など、経済的利益をもたらすことが期待されます
  4. 文化交流の促進:世界各国の文化や伝統を紹介し、相互理解と尊重を深めることを目指します
    食文化、音楽、ダンス、芸術など、多様な文化的要素が共有されます
  5. 持続可能な発展への貢献:近年では、持続可能な発展や環境問題に対する意識の高まりを反映して、エコロジーや持続可能性に関連するテーマが取り入れられることが増えています
    これにより、地球規模の課題に対する解決策の共有や意識向上を図ります

万博は、これらの目的を達成するために、様々な展示、フォーラム、文化イベントなどを通じて、国と国、人と人が直接交流する貴重な機会になっています
各国が一堂に会し、未来へのビジョンやアイデアを共有することで、世界的な課題への理解を深め、共同で対応していくための基盤を築いていくことが重要です

スポンサーリンク

展示の意義と将来性

この「生きる心臓モデル」の展示は、大阪ヘルスケアパビリオン及びパソナグループの「パソナ ネーチャーバース」で行われる予定だそうです
この展示を通じて、訪れる人々に再生医療の未来の可能性を示すと共に、科学技術の進歩がどのように人類の生活を豊かにするかを理解してもらう機会にしたいとのことです

このような展示は、ただ技術を紹介するだけでなく、科学への興味を刺激し、教育的な価値も大いに期待されます
2025年の大阪・関西万博では、この「生きる心臓モデル」をはじめとする多くの革新的な技術が展示されることで、来場者にとって忘れられない体験となるでしょう

この記事はiPSで「動く心臓」万博の目玉に? – Yahoo!ニュースを参考に作成しています

タイトルとURLをコピーしました