ボララスブリジッタエとエビの混泳について

アクアリウム

皆さんは超小型で赤色が美しいボララスブリジッタエを知っていますか?
ボララスブリジッタエは水質に馴染んでしまえばかなり飼育しやすいお魚だと思っています
しかも、超小型で真っ赤に染まるときたら飼育するしかありません!

実際にボララスブリジッタエを飼育する場合、超小型であるがために気を付けたいことはいくつかあります
その中でも今回はエビとの混泳についてご紹介したいと思います

ボララスブリジッタエの混泳相手は?

実際に悩むところはやはり混泳相手ではないでしょうか?
小型の分類のお魚よりもさらに小さい小型の魚になるため、混泳相手が大きすぎたり口に入るようなサイズのお魚を混泳相手として選んでしまうと失敗する場合があります

出来れば落ち着いた環境で飼育してあげたいお魚です
落ち着いた環境で飼育することによってより美しい体色を見せてくれるようになります
また、ストレスが強すぎると体調を崩してしまうことがありますので大きすぎるお魚は厳しいです
さらに、小さなお魚でも縄張り意識や気性の荒い小型魚とは相性が悪い傾向にあるのでこの点は注意しましょう!
以下でボララスブリジッタエについてまとめてみました↓

魚以外の混泳相手は?

先ほどお魚の混泳相手は考えないといけないとご紹介しました
それでは、魚以外の混泳相手はどのような相手が適しているのかについてご紹介します!
実際に混泳して上手くいった相手をご紹介しますので皆さんも参考にして頂ければと思っています!

ミナミヌマエビ

 

実際にミナミヌマエビと混泳させてみましたが、問題なかったです
初めは少し心配ではあったのですが、しっかりと水槽内のコケをお掃除てくれています
また、ボララスブリジッタエの方からちょっかいをかけたりすることもほとんどないですし、ミナミヌマエビからもちょっかいをかけることも稀なのでこの組み合わせはおススメです
また、ヤマトヌマエビと違ってミナミヌマエビは抱卵して水槽内で増えるのでそちらを楽しむのもいいのではないでしょうか?

ボララスブリジッタエが稚エビを食べてる姿はまだ見かけたことはありません
感覚的なところですが、他の中・小型のお魚とミナミヌマエビを飼育している場合と比べて、ボララスブリジッタエとミナミヌマエビを飼育している場合、ボララスブリジッタエの方が稚エビの生存率が高いような気がします
そのため、コケ取り要因としてもかなり優秀なミナミヌマエビをおススメします!

ヒメタニシ

ヒメタニシもおススメです!
お掃除してくれてゆっくりと水槽の壁を登る姿はなんだか癒されます
ボララスブリジッタエと混泳させましたが、全く問題ありません!
感覚的に問題ないことがわかると思いますが一応試した生体ではありますのでご紹介しておきます

タイワンシジミ(シジミ)

タイワンシジミ(シジミ)も問題ありませんでした

貝類はほとんどちょっかいをかけることはないと思うのでこちらも問題ないです
問題を一点あげるとするならば、長期飼育が地味に難しいことではないでしょうか?
シジミ自体は観察する分には面白く、腹足が出て砂に潜ったと思ったら次は水管が出してといったようにあまり二枚貝を見たことない方が観察されると色々と驚くところがあるのではないでしょうか?
興味があれば飼育してみてください!

ヤマトヌマエビ

最初はすごくビビって導入しました
なんせ体がデカいので…
一応問題はありませんでしたがボララスブリジッタエの方にストレスがかかっているのかもしれないので問題があればすぐに分けるといったことが望ましいと思います
一応混泳は可能です

最後に注意して頂きたいこと

最後に一点ご紹介させて頂きます
ミナミヌマエビは容易に増えることを承知の上で、愛情をもって飼育して頂けるなら是非飼育にチャレンジして頂きたいです
しかし、生半可な気持ちで飼育して増えすぎたからといって近くの川や池・水路に放流するのはやめましょう
放流した場所の環境が壊れてしまい、今まで生息していた生き物たちが消えてしまう恐れがあります
アクアリウムはとても癒されますし楽しいのですが、困ったからと言って放流してはいけません
この点はしっかりと守って楽しんで頂きたいと思っています

まとめ

今回はボララスブリジッタエの魚以外の混泳相手についてご紹介しました
魚と混泳させるのは相手を選ぶの意外と大変ではあるので、ミナミヌマエビとボララスブリジッタエの2種の組み合わせはおススメです
また、ミナミヌマエビだと抱卵して次々と増えていくので増やしていく楽しみもありますよ

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
それではまた。

タイトルとURLをコピーしました