【おかっぱり】琵琶湖北湖のポイントはここだ!狙い目を紹介

釣り

琵琶湖の北湖エリアは、バスフィッシングの魅力が詰まった場所です。
美しい景色とクリアな水、そして何よりも大型のバスが潜む釣りスポットが数多く存在します。
今回は、その北湖エリアで特に注目すべきポイントをご紹介します

北湖エリアは都市部から離れた自然豊かな地域です
北湖エリアは大変広く一日で回ることが出来ないほど広いので遠方からお越しの方は宿を取ってじっくりと釣りに集中するのがおススメです
また、夜間や朝方釣りをするのであればポイント周辺で宿を取っておくと大変楽ちんです
個人的に朝は苦手ですが目の前がフィールドだと体からやる気が湧いてきて朝から行動出来ますよ
また、北湖エリアは自然豊かな地域で観光しながら釣りが出来る大変素晴らしいポイントです!
宿の予約は楽天トラベルがおススメです!

楽天トラベルなら楽天ポイントが溜まりますし予約の画面が非常に分かりやすくミスも少なく済むのでおススメです

1. 知内漁港 & 知内川河口

このエリアは、砂利とサンドバーが広がる広々とした場所で、初心者から上級者まで楽しめるスポットです。河口付近では、ディープフラットエリアが狙い目。ウェーディングでアプローチすることで、その日の水温や天候に応じた釣りが楽しめます。
特にサンドバーの周辺は狙い目でやる気のある バスがいる可能性が高いので周辺を細かく攻めることでより良い釣果が得られる可能性が高まります
漁港裏側のサーフエリアもねらい目で基本的にはブレイクや底のちょっとした変化を探す釣りになってくると思います

2. 海津エリア

海津漁港から海津ワンド、さらには海津桟橋や海津大崎まで、透明度が高く、ウィードエリアが広がる景観・水質共に非常に美しいポイントです。
透明度が高いため人間の立ち位置やルアーのチョイスは慎重に行う必要があります
大型のバスになればなるほど細かい気配りが必要になってきます
大型バスを狙うのであればフィールドでの立ち振る舞いから注意して釣りを行うようにしましょう
特に海津ワンドでは、スポーニング期には大型バスのチャンスが広がります。
ロックエリアからシャローへの移動路を狙えば、記憶に残る一匹に出会えるかもしれません。

Sponsored Link

3. 二本松 & 大浦

二本松は、ウィードが絡む釣りや岩場での攻めが可能で、シーズンを問わず多様な釣りが楽しめます。
ウィードの切れ目などちょっとした変化のポイントは特に狙い目でウィードの切れ目や周りがウィードで覆われているのにピンポイントで枯れているポイントは特に狙い目です
広大なフィールドであればあるほどちょっとした違いは大きな違いになってきます
一方、大浦は、スポーニングシーズンや秋から冬にかけての実績が高いエリアで、ファミリーフィッシングにも適しています。

4. 奥出ワンド & 黒土崎

奥出ワンドは、豊富なスポットが集まる釣りの宝庫。ウィード、岩、取水塔など、バスが好む多様な環境が揃っています。取水塔や水門周りなどは目に見える形で存在しているストラクチャーなのでとても分かりやすいと思います
一方で分かりやすいという点から様々な釣り人から叩かれており魚がすれている可能性が高いです
そのため狙いとしては目に見えないボトムに潜む岩などのストラクチャーを狙うのがおススメです

自分だけの釣れるポイントを開拓できる
黒土崎では、夏場には冷涼な水温の中で大型バスを狙うことができ、特に黒土崎西の入り江は、回遊ルート上にあるためサプライズが待っています。

5. 菅浦漁港 & 月出ワンド

菅浦漁港周辺は、シンプルながらも熟練者にはディープな魅力があるポイント。月出ワンドは、特にスポーニングシーズンには北湖エリアでもトップクラスの実績を誇ります。
ブロックが入っているポイントがあり、ブロックの周りにはエビなどの甲殻類がたくさんついており完全にバスのレストランになっている
そのためブロック周りをウロウロしているバスは多い、足元からの勝負になるポイントもあるので是非気を抜かず足元から攻めることをおススメします

6. 大坪川河口 & 塩津浜

大坪川河口は、ミオ筋が延びる隠れた名スポット。塩津浜は、春先には大型バスの夢が膨らむエリアです。
川が2本入っており常に新しい水が供給されるポイント河川2本のパワーはすさまじく夏の高水温期でも良い結果になることも…

7. 西野放水路 & 片山漁港

西野放水路は、アユを目にする機会が多く非常にベイトが豊富なポイント
ベイトがいるのを発見すればとりあえず竿を出しておきたい一級ポイント
片山漁港は、地形を理解すれば短時間での釣果が期待できます
岩の多いポイントなのでルアーを無くさないように注意してください

8. 姉川河口 & 南浜漁港

姉川河口は、広大なウェーディングエリアが魅力。南浜漁港は、特に水泳場前のウィードエリアが注目のポイントです。
一方で広すぎてどこを狙えば良いのか分からくなるかもしれませんが、基本の変化のあるポイントを集中して探すことで効率よく釣果をあげることが出来ます

関連記事

まとめ

これらのポイントを訪れる際は、季節や天候、そして水温を考慮して釣り方を選び、琵琶湖の豊かな自然と共に素晴らしい釣行をお楽しみください。
北湖エリアは、その日その時の状況に応じた戦略とテクニックが試される場所。
大型バスを目指すもよし、景観を楽しみながらゆったりと釣りをするのもよし、琵琶湖北湖エリアはあなたを待っています。
是非皆さんも琵琶湖北湖エリアで釣果をあげてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました