30cm水槽で飼育できるおススメ熱帯魚

※本サイトはアフィリエイト広告を使用しています
淡水魚

アクアリウムを始めたいけど家に水槽を設置できるスペースがない~
メダカや金魚ばかりでなく海外の色鮮やかで綺麗な熱帯魚を飼育したい!
と感じたことはありませんか?

日本産のお魚も奥が深く美しいですがやはり海外に生息しているド派手な色や形態・生態をもった熱帯魚はそれぞれ変わった外見をしておりとても面白いですよね
しかし、実際に熱帯魚を飼育しようと考えると水槽を設置するスペースや水槽のサイズでお困りではないでしょうか?
一番理想的なのは大きな水槽で熱帯魚を飼うことですが問題は水槽を置くスペースからメンテナンス・予算などではないでしょうか
そこで今回は30cmで飼育できるおススメの熱帯魚と注意点についてそれぞれ解説していきます

スポンサーリンク

30cm水槽とは

初めに30cm水槽と呼ばれているものは横幅30cm、奥行き18cm、高さ24cmのものが規格水槽としてよく目にすると思います
初心者セット的なものでフィルターやその他の機材が付いている水槽がホームセンターなどでよく売っているのを目にします

しかし、例外的に30cm水槽にはキューブ水槽と呼ばれる横幅30cm、奥行き30cm、高さ30cmのものなど高さや奥行きを変えた状態で販売されています
他にもキューブ水槽のハイタイプといって高さが30mを超えている水槽もあります

その中でも今回は一番水量が少ない30cm規格水槽についてお話していこうと思います
先にお伝えしておくとアクアリウムは水量が命です
つまり水量が少なくなると必然的にレベルが上がります

30cm水槽のメリット

まずはメリットからお伝えしていきます
30cm水槽のメリットは何と言ってもその価格
水槽の中でも比較的安価に購入できるため気軽にアクアリウムを始めたいと思った場合に手が出しやすいです
また、水量も少なく済むため、水道代や予期せぬ事故に対して安心できます(地震やひび割れなどの水漏れ・家の中水没などの事故)

最初にお伝えしたように水量が命のアクアリウムですが少ないというメリットも十分にあります
直接的なところだと水道代が安くなる点(しれていますが…)
水量が少ないと軽くなるのでメンテナンスがしやすくなります、例えば場所を移動したい場合に大きな水槽では移動が大変ですが水量が少なければ何とかなる場合もあります

このような点ではとてもメリットだと思います

Sponsored Link

30cm水槽のデメリット

価格が安いメリットがある一方でデメリットは水槽管理にコツがいる点がデメリットです
どうしても30cm水槽の水量では管理が難しい点がいくつかあります
そのため45cm水槽やそれよりも大型の水槽の方が確実に水質・水温が一定に保たれやすく急変が少ない点があります
水温・水質が一定に保たれることによって安定した飼育環境を作り出すことが出来、水替えの頻度がかなり減ります
水槽内の環境を健全に保つためにはある程度の水量があった方が管理しやすいです

他にも、レイアウトを作成する際に水槽が小さいがために水草の植栽や石組みなどが難しく感じることがあります
ただし、レイアウトに関しては慣れてしまえばそこまで苦になることはありませんし、むしろ小さな水槽で綺麗なレイアウトを作るのも良いです
初心者さんにはかなり難しいと感じることがあると思います
また、たくさんの生体を入れることが出来ないのはデメリットになるのかもしれません

タイトルとURLをコピーしました